BIOGRAPHY

津田珠子

Tamako Tsuda

東京都生まれ。真珠ビジネスを手がけていた祖父の工房で幼い頃より宝石に触れて育つ。

1997年、成城大学文芸学部 芸術学科を卒業、博物館学芸員の資格を取得。 国内ジュエリーメーカーでデザイナーとして経験を積む一方、2003年~2010年までパリ国際サロン会員の推挙を受け、毎年秋にフランスで開催されるサロン・インターナショナル・ド・パリにて絵画やジュエリー作品を発表する。

2004年にアトリエ AU PIED DE L’ARCENCIEL (ウ ピエ ド ラカンシエル) を立ち上げ、個人顧客を対象にしたオートクチュール・ジュエリー及びシグネチャーコレクションの制作を開始。2006年、「ジュエリーを媒体としたアート」という新たな試みを始め、絵画や写真、インスタレーション等も含めたコンセプチュアルな形式の個展を始める。

また、国内外の宝飾及びファッションアクセサリー企業の新規ブランド立ち上げ、デザインディレクション、開発アドバイス等も手がけている。

【受賞歴】

  • 2000年 国際ゴールドジュエリーアウォード WGC Gold Virtuosi賞 受賞
  • 2001年 第28回インターナショナル・パールデザインコンテスト 入選
  • 2007年 ベルギー国際ダイヤモンドコンテスト HRD Awards Vintage collection 選出

Tamako Tsuda was born in 1975 in Tokyo. It was in the studio of her grandfather who was dealing with pearl business that Tamako encountered jewelry at an early age.

In 1997, she graduated from the Faculty of Arts and Literature, SEIJO University, where she was qualified as a museum curator. Then, she was employed as a jewelry designer for a Japanese company using precious metals and stones. While working there, she visited tradeshows in Italy and Switzerland, and saw the skills of European jewelers and learned their histories. In 2002, she became involved in the merchandise planning of her company‘s products.

She resigned as a company designer and started “AU PIED L’ARCENCIEL” in 2004 where she integrates jewelry with art, attempting a new concept “art through jewelry” while producing the haute couture jewelry for individual customers.
A conceptual solo exhibition has been held every year, showcasing not only jewelry but also paintings and photographs.

 

【Prizes awarded】

  • 2007 –  HRD Awards 2007 vintage collection
  • 2001 –  Selected to International Pearl Design Contest
  • 2000 –  International Jewellery Design Awards Gold Virtuosi Winner
1ページ目
  • Gold Virtuosi 2000 gala party (Italy).
  • Setagaya Shinbun (Japan))2006.
  • MODERN JEWELER (EU) 2000.
  • Antwerp diamond museum 2007.
  • UNIVERS DES ARTS (France) 2002.
  • Senken Shinbun (Japan) 2006.